スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



いがらしろみさん

81252225.jpg

お菓子研究家の、いがらしろみさん
ろみさんの現在に至るまでの経緯をまとめた本です。
16歳の頃から料理教室に通い、フランス留学を経て、
ジャム屋やカップケーキ屋を開かれています。
この本を読んで感じたことは 情熱 がすごく大事だなってこと。
ろみさんの「何が何でも吸収してやる!」って熱いパッションが良い方向に向かわせた
大きな理由のひとつだと思います。
そして、良い出会い・行動力も、とっても大切なんだなと。
先の自分や、今やりたいこと、
色々なことを考えて挑戦して、無理せずに自分のスタイルを作って。
こんな風に私も進んでいきたい。 否、いきます。


************************


ろみさんの本や、最近読んだ 食堂かたつむり
影響されて料理人になるのが良いのかも…とも思ったんだけど
そこまでの熱意はない。それに、ジャンルが絞れない。
専門性があった方が良いってろみさんは言うけど。
確かにスペシャリストになって、自分の苦手な部分は他の人にお任せするのは
良い方法なのかもしれない。 スペシャリスト同士での仕事…かな。

でも、絞り切れていないのに いきなり道は決められないから
とりあえず可能性のありそうな場所に移ります。
沢山刺激を受けて、良い出会いをして。


品質管理の仕事は、日を追うごとに興味がなくなっていってすごく辛いです。
わたし、当たり前の事務作業やその他色々ができないです。
すごく使えなくてダメな人のようです。不器用だしさ。
加えて中途半端な気持ちだから、あってはいけないミスもすごく多いし……
焦って変な所に就職したくないけれど、自分のためにも会社のためにも
早く納得のいく道を見つけなければと確信しました。


スポンサーサイト



ケンタロウさん

この本、買いました


晩ごはん、これ作ろう ケンタロウ100レシピ

ケンタロウさん好きです。
どこが好きかっていうと まず、料理本全体の写真と醸し出す雰囲気が好き。
あまり照明が当たりすぎてなくて、きれいに見せすぎない素朴な感じ。
そして生活感がある。
私の目指すのはこういう感じだな。

料理は素朴だけど、ガツンとしててパンチがある所がすき。
とにかく豪快、かつオシャレ。
ケンタロウさんのレシピを見て食べたくなるのは肉料理だなー。
鶏モモ丸ごと使った唐揚げのレシピはずーっと気になってるけど、未だ作れず。
パーティー用になるね(´・ω・`)

まさに男の料理って感じ。
旨ければそれで良し、だからカロリーは気にしないレシピ(笑)
女子にはちょっと痛いですが…
でも、美味しいものってカロリー高いものなんだよ。
高カロリー摂取も後悔させないような、美味しい料理を作ってやろーじゃないのっ
ていうのがケンタロウさんレシピかな。

ちなみに、うちの母親はカツ代さんのレシピが嫌いでした。
何度か作ってみて美味しくなくて、ダメになったらしい。
その影響で私も何故かカツヨレシピに手を出さずという……


今回はレシピないですがね。
    今日のごはんは全て余りモノでしたから。。。。

レシピブログに参加しています。
クリックにて応援お願いします(`・ω・´)
↓↓↓




作ってあげたい彼ごはん

大人気のSHIORIさんのブログです

SHIORIさんのことは にじいろジーン で初めて知りました。
第一印象は「美少女!」です(笑)

最近レシピブログに登録するときに 彼ごはん のブログの存在を知り覗いてみました。
女の子らしい可愛い写真が満載です。
カフェごはんみたいな感じでおしゃれ。
そして。ブログには大人気の今に至るまでの努力と苦労が書かれてありました。

SHIORIさんは若くして料理の一線で活躍をするために
できる努力はなんでもしていたことを知りました。
厳しいアシスタント、雑誌への売り込み、ブログなど

やっぱり活躍している人は裏で相当な努力をしているものですね。
その行動力はすごいです。尊敬します。
今、フードコーディネーターになりたい人は増えているようですが
厳しい世界であることは間違いないです。
挫折する人もたくさんいるようです。

逆に考えると、努力し続けさえいれば、挑戦し続けさえいれば
夢はかなうという気がしてきました。あきらめないで踏ん張っていくとです。



ある哲学者(名前忘れました)が
「才能とは持続する情熱である」
と言っていました。深く共感します。
SHIORIさんは料理の道に進むために 相当な量の情熱を傾けています。

私は興味が向いているけれど、まだ全情熱を傾けてはいない気がする。
100%の気持ちが固まったら 前に進めるかな。






プロフィール

mari

Author:mari
新潟に住む23歳。現在、食品会社で事務をしています。

写真は、
我が家のぬか漬け太郎。
「作る」に目覚めた最近です。

一人暮らしならではの自由っぷりを発揮して、何でも作っていきたいと思います。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
↓応援お願いします♪
フリーエリア
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。